Micco Iida -絵のこと日々のこと-

フリーイラストレーターとして走り始めのMicco Iidaの日々のこと。

はじめまして。

f:id:eoeocco:20210224190944j:plain

ツキノヒカリ

はじめまして。Micco Iidaと申します。

アクリル絵具で絵を描いたり、ペン画をスキャンしてパソコンで着彩した絵を描いたりしております。

「カナヅチっぽいよね」と言われますが、泳力検定1級保持しているくらい泳げます。(インストラクターも経験したことあり。)

美大出身ですか?」とよく尋ねられますが、大学は文化人類学を学んでおりました。

「クラシック好きでしょ。」とも初対面で言われたことがありますが、ゴリゴリにコープペイントをしてメタルバンドのボーカルをやってた時期もありました。(クラシックは好きです。)

そんな感じで色々やってきましたが、紆余曲折ありこの度フリーのイラストレーターとして活動することになりました。

つきましてはお仕事募集中です。

別記事にて料金表を書きますのでご依頼のご参考にしてくださればと思います。

 

ここではMicco Iidaの絵のことや日々のことを書いていければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

初めての

f:id:eoeocco:20210314141613j:plain

 

先日齢31歳にしてピアスとコンタクトデビューを飾りました。

ピアスもコンタクトも痛いのだったり異物を体内に入れるイメージがあったりで、怖がって一度もチャレンジしないままに過ごしていましたが、この度思い切って両方やってみちゃいました。

最近はメンタルに響く出来事が立て続いたせいで(絵やブログの更新が止まっていたのもそのせい)、半分自暴自棄になっていた面もありましたが、そういう勢いがないと逆にずっとやらなかったかもなぁと思います。

小さいことでも人体改造してみると新しい気持ちになれたり、過去と区切りをつけれたりするものですね。特に痛みを伴うことを行うと克服感がある気がします。

 

さてさて初のピアスとコンタクト。

コンタクトは割とすんなり慣れてきました。最初から裏表逆に装着してしまったりコンタクトつけていることをすっかり忘れて就寝したり、目が痒くてこすったら眼球裏いったりとしていますが、まぁまぁまぁまぁ、なんてことはなかったです。

一方ピアスですが。

左右の耳両方開けたくてとりあえずピアッサーをふたつ購入しました。

そして穴あけから逃げないために気に入った1万円くらいのピアスを開ける前から買って、「もうやるしかねぇぞ」状態に自分を追い込んでカシャコンッとやってみました。

とりあえず右耳は綺麗に開きました。

何か自分のこめかみにピストル当てて引き金引くことのお遊びみたいな、そんな変な気分でしたが、散々脅されていたような痛みなどは全くなく。

一瞬の出来事で痛みよりもピアッサーの音にびっくりしました。

なーんだこんなものか、と思いながら左耳も開けようとピアッサーの準備をし、引き金を引いたところ…

まさかの刺さって終わり!貫通しない!

まち針が耳に刺さってるみたいな状態になりました。

私耳たぶ分厚いんだろうか…ちょっとショックでしたが、ネットで調べたら不良品とかだとわりとよくあることなのですね。ちょっとほっとしました。

その後すぐに近場のドラッグストアでピアッサーを買い直して無事に穴あけ完了!

 

こんな感じの初体験でした。

 

メンタルに区切りがついたかどうかはまだわかりませんが、良い気晴らしになりました。 

 

 

ファンアート

f:id:eoeocco:20210303024706j:plain


おはようございます。

実は昨日珍しくファンアートを描いてみました。

漫画やアニメは疎い私ですが、昨年末からWeb雑誌で連載が始まった『アウトリーチ』という漫画は追っています。

作者の速水くろさんは実は友人なのですが、贔屓目抜きにこの漫画は面白いです。

画廊が舞台の絵画にまつわる怪奇なお話で、普段画廊に足を運ばない人や何となく美術を難しいと考えてしまうけれど興味はあるという方々への入門には丁度良い感じの漫画です。勿論そんなの関係無しに漫画好きさんにもオススメしております。

どうしても「美術がテーマ」と書くと難しく構えてしまいがちですが、美術の知識ゼロでもストーリーの展開やキャラクター個性が誰でも楽しめるような「普通の漫画」なので本当に気軽に読んでほしい一作です。


アウトリーチ』はこちらからひとまず無料で読むことができます。他の漫画サイトでも読めるようなので通勤時間などの隙間にぜひ。

https://comic-brise.com/contents/outreach/


と完全に回し者のような感じになりましたが…

本当に広く多くの人に読んでもらいたいので熱く書いてしまいました。

あ、あと絵がとっても上手です。こんな骨太な漫画絵描ける人最近見ない気もしてます。


続きが楽しみになる漫画ってあまり出会わないので、私は嬉しかったです。

よろしければ皆さまぜひご一読してみてください◎

One Of Us

f:id:eoeocco:20210228111359j:plain


昨年末、柚子湯に浸かりながらジョーンオズボーンの「One Of Us」を聴いた思い出がある。

英語の歌詞を聴きながらぼーっと風呂に浮かぶ柚子を見ていて、とても綺麗だなぁと思った。

柚子ってずっしりしているようで、お湯に浮かべるとプカプカと軽やかで、そのギャップがなんだか可愛くて絵にしてしまった。

少し潰すとあの良い匂いがして、濡れても濡れてもお湯をはじいててらてらする表面がライトに照らされて何だか特別な気がしたものです。


「One Of Us」の歌詞は確か神様に関することだったと思う。

神様はどんな人だろうって、そんな内容だったと思ったけれど、この一瞬間は私にとって神様は間違えなく柚子の姿をしていて、私にもみくちゃにされていたんだろう。

特別なことってこれくらいささやかでいいんだろうって思った夜でした。


昼の月とさかな

20210225133502

 

こんにちは。今日になって画像を小さく貼り付ける方法を覚えたMicco Iidaです。

コロナで色々と世の中大変ですが、実は私も大変なことになっておりました。(ブログ記事3つ目で書く内容でもない。)

どうしても上手くいかないことがあって、仕方ないので色々と手放すことにしたりと。

ごちゃごちゃしたことが絡んで絡んで絡み尽くして10年くらい経つので、流石に疲れてしまってリセットできるところまでしてしまえと思っております。

断捨離ともまた違う、何でしょうね、でも棄てるという意味では同じなのですが。

少し身軽になって、必要なもの、不必要なもの、持ってた方がいいもの、持ってない方がいいもの…一個一個整理していこうかなと思います。

 人生の見直し期なのかもしれませんね。

とりあえず絵に携わって生きていければいいかなと、シンプルに今後は生きてみたいです。

絵のお仕事の料金について

こんにちは。Micco Iidaです。

こちらの記事では絵のお仕事をご検討中の方へ向けて、簡単な料金について書かせていただきます。

まず、Micco Iidaが描けるものとしては2種類の絵があります。

アクリル絵具を使ったカンバスや紙に描くものと、

ペン画をPCに取り込みデジタルで着彩するものの二つです。

後者の仕上がりはほとんどデジタル画のような感じとなります。(ご希望があればペン画として仕上げることもできます。)

アクリル絵具の絵とペン画での絵では料金が変わってきますので、以下ご覧ください。

 

【アクリル絵具での絵の場合】

 

f:id:eoeocco:20210224193523j:plain

ねこのようなたぬきのような

 

アクリル絵具での絵はこちらのような雰囲気となります。

この絵を例にするならば、

サイズ:F0号(18×14cm)

価格:¥25,000

となります。

10号で¥120,000としており、それより小さなものは割高、大きなものは割安となります。

詳細は別途ご連絡をくだされば幸いです。

 

 

【ペン画でPC着彩の場合】

 

f:id:eoeocco:20210224194441j:plain

天を仰ぐ

 

ペン画を基にPCで着彩した絵の一例はこちらになります。

例えばこの絵をオーダーした場合、

サイズ:ハガキサイズ2枚分以下

価格:¥10,000

となります。

ペン画の場合はハガキサイズからの計算としており、ハガキ1枚分の大きさで¥8,000とし、そこからハガキを何枚追加するかで¥2,000ずつアップしていくイメージです。

 

ケースバイケースによることも多いので、より詳しいことは下記お問い合わせフォームよりご相談くださればと思います。

form.run

 

尚、以下に該当する絵は制作できませんので予めご了承ください。

・18禁にひっかかる性的表現

・暴力などの描写

 

よろしくお願いいたします。

はじめまして。

f:id:eoeocco:20210224190944j:plain

ツキノヒカリ

はじめまして。Micco Iidaと申します。

アクリル絵具で絵を描いたり、ペン画をスキャンしてパソコンで着彩した絵を描いたりしております。

「カナヅチっぽいよね」と言われますが、泳力検定1級保持しているくらい泳げます。(インストラクターも経験したことあり。)

美大出身ですか?」とよく尋ねられますが、大学は文化人類学を学んでおりました。

「クラシック好きでしょ。」とも初対面で言われたことがありますが、ゴリゴリにコープペイントをしてメタルバンドのボーカルをやってた時期もありました。(クラシックは好きです。)

そんな感じで色々やってきましたが、紆余曲折ありこの度フリーのイラストレーターとして活動することになりました。

つきましてはお仕事募集中です。

別記事にて料金表を書きますのでご依頼のご参考にしてくださればと思います。

 

ここではMicco Iidaの絵のことや日々のことを書いていければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。